So-net無料ブログ作成
検索選択

マレットフィンガー(槌指)で手術したが・・・ [マレットフィンガー(槌指)]

ソフトボールの試合中、内野フライを捕球しようとした際、グローブに添えた手(右手)にボールを当ててしまい、
マレットフィンガー(槌指)で骨折と診断。5月11日に手術を決行。
11mallet7.jpg

術後の3日間は激痛と戦い、仕事にも支障をきたすくらいの痛みであった。
指先だから感覚神経が集中してるので痛みも想像以上。

痛みが引いた次にきたのは指先の違和感。
指先に太い針金が2本も刺さっているのだから当然違和感は感じる。
2日置きに通院して消毒。看護師にガーゼと包帯を交換してもらうのだが
ガーゼに針金が引っ掛かり激痛が走ることもしばしば。
11mallet6.jpg

2週間が経ったのでレントゲンで経過をみることになった。

先生「ん?」

剥離した骨がまったくついていないのである。
様子を見るとのことで、一週間後にもう一度レントゲンをとることになった。

一週間後レントゲンを撮ると、先よりも剥離した骨が離れている・・・
「再手術の必要があります」
物静かな診察室に悪魔のような言葉が響いた。

またあの手術をしなければいけないのか!
憤りと恐怖が交錯している私に先生は、

「手の骨は特に指の骨は小さいから難しいんですよ。」
との言い訳みたいな説明をされ、
「今週の土曜日か来週の木曜日のどちらがいいですか?」
と聞かれたので、
「今週の土曜日にしてください。どうせ苦しむのなら早く終わらせたいです。」と即答。

また、あの地獄のような痛みに耐えなければいけないのか・・・
しかも治療期間が延びた・・・

忘れてはいけないのは骨折したのは右手の中指だということ。
字を書くのも、パソコンを打つのも、箸で食事をするのもすべて右利きの私。

いつになったら完治するのだろうか・・・







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。